普通のはさみやカッターはどこの家庭にもありますが、2本目を買うとしたら、最新の優れたものを選ぶのがよいかもしれません。なかでも、段ボール、金属板、針金、CDなども切ることができる万能ハサミはおすすめです。厚みがあり、細かいギザギザのある刃でしっかり切ることができ、段ボールなどのごみ処理からDIYまで、幅広く活用できそうです。さらに、普通のはさみの「押して切る」という概念とは反対の「引いて切る」はさみもあるようです。切れ味もさることながら、デザイン性も優れています。また、はさみと極小カッターが収まったペンタイプのものもあります。はさみ部分はフッ素加工で切れ味も優れているうえ、コンパクトで携帯にも便利です。その他、刃先がプラスチックに覆われ、刃を指で触っても基本的には切れない、安全性を考慮したはさみもあるようです。初めてはさみを使う子供にもよいかもしれません。

切りたい部分をなぞってくりぬけるカッターも1本持っておきたい便利グッズです。先端の極小のセラミック刃が、ヘッドがくるくる回ることで追従し、自由な形に切れる仕組みになっているようです。波線状にも切ることができ、力を入れ過ぎない限り下の紙を切ることはないため、新聞や雑誌のスクラップには役立ちそうです。カッターが怖いという人には、刃が一切手にふれないペーパーカッターもあります。先端の隙間に紙を差し込んで、押して切るのは斬新なアイデアです。これも新聞や雑誌の切り抜きに適しているといえそうです。その他、くるくる回してミシン目を刻むことができるカッターもあるようです。用途は限られているものの、お役立ちの1本となりそうです。

留めるものといえばホチキスですが、通常のものとほぼ同じ大きさながら、最大約40枚までを一発で留めることのできる優れものがあります。力を入れる必要もなく、分厚い紙を確実にとじ切ることができるようです。

その他、遊び心と実用性を兼ね備えた見た目もかわいいマカロニ形のクリップも最新文房具の中のひとつです。机の中にいくつか忍ばせておきたくなってしまうかもしれません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です