現在、日常的にもっとも多くの方に使用されている筆記用具といえば、ボールペンなのではないでしょうか。
ボールペンは、その名のとおり、ペンの先端に取り付けられている、極小の球(ボール)が回転することで、ボールの表面に付着したインクが、紙へと渡って定着するという仕組みが基本です。

ひとくちにボールペンといっても、さまざまなタイプが存在しています。

ボールペンの先端の形状では、「砲弾型」と「ニードルポイント型」が基本です。
普通私たちが使用している一般的なボールペンの大半は、砲弾型を採用したタイプとなっています。
ニードルポイント型は、製図用などの極細のボールペンなどに採用されているようです。

インクの種類も豊富です。
ボールペンのインクを分類する場合は、黒・赤・青・緑などインクのカラーバリエーションで分けるか、油性・水性などインクの種類で分けるパターンがあります。
特にインクの種類は重要です。
契約書などの大事な書類にサインを行う場合、水性インクでサインしてはにじむ可能性が高いですし、水濡れするとアウトです。
専用のゴムでこすったり、高温な環境に置いたりすると消えてしまう「消えるインク」などはもってもほか。
大事な書類へは必ず、油性ボールペンで記載するのがよいでしょう。
なおほかにもジェルインク・エマルジョンインクなどもあります。
どれも一長一短なので、自分が使うシチュエーションや好みに合わせて選ぶのがよいでしょう。

また、ボールペンの芯の部分を収納するギミックの種類で、分類することもあります。
例えばノックで芯が出るノック式や、キャップを閉めて収納するキャップ式などが考えられるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です