会社名や、会社のロゴ、また、これから売り出していきたい商品名などを入れ、無料で配布されるノベルティは、展示会や新製品の発表といったようなイベントなどで、企業と潜在顧客が接するといった場面で主に活用されていると言えるのではないでしょうか。展示会というような大規模なイベントなどでは、ただ企業名や製品名、ブランド名といったことを大きな声で繰り返し、パンフレットや資料などを配布しようとしても、その多くは集客にはつながらないと言えるでしょう。自社以外の多種多様な企業や商品が連なっている中、来場者の足を止めるということは、そう簡単にやってのけられる技ではないと言えるでしょう。そういった場合に、多くの企業はノベルティを活用していると言えるのではないでしょうか。ノベルティアイテムを配布することによって来場者の興味を引き、自社のブースへと集客しやすくなるといったメリットが挙げられるでしょう。たとえささやかなものであったとしても、ノベルティのお得感は「集客」を高める効果を発揮すると言えるでしょう。つまり、展示会出展の最大の目的とも言える「名刺の獲得」が増加するとも言えるのではないでしょうか。名刺は貴重な情報源であり、未来の顧客に繋がる大切なものと言えます。企業名の入ったボールペンなどのノベルティを配布するということは、来場者に名刺を出してもらいやすくなるというメリットが挙げられるでしょう。展示会後に、どういったアクションを起こすかが重要となってくる取引において、まず名刺を獲得するための布石としてノベルティを活用することは、ビジネスの上では大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です