一例として残念な名入れを紹介します。企業名や商品名を名入れせず、文章をそのまま名入れしてしまったパターンです。このパターンがなぜ残念かと言うと名入れしたものが文章になってしまうと、もらったほうは一度は文章を読みますが、次からは文章が読まれることは無いでしょう。

なぜなら一度、文章にして書かれたものはもう読んでしまっているので、覚えてしまっているか、自分にとっては無関係な情報として二度は読んでくれないのです。ノベルティグッツを作成したほうは、伝えたいことがあるため、名入れペンを作って、メッセージとして名入れの部分に文章を入れたとしても、もらった側はペンとしての実用価値は認めても、書かれいる文章はまず読んでくれないと思ったノベルティグッツは販売促進や宣伝物です。

できるだけ多くの人に企業名や商品名を知ってほしいわけですから、いろいろな会社がノベルティグッツを作成し配布しています。さきほどの名入れの部分を文章化したものは、企業にとっては伝えたい情報であっても、受け取った側からしてみれば情報のひとつですので、企業のブランドよりも情報として読んでしまいます。ノベルティグッツとしては、やはり簡潔に企業名や商品名を名入れするぐらいにしたほうが良いでしょう。

文字色や書体についても同様で、何が残念なノベルティグッツになるかと言えば、企業のブランドイメージや商品の性質とは大きくかけ離れた文字色や書体を選択しているからです。企業の持つブランドイメージは、年数をかけて積み上げていく側面もありますので、1本のノベルティグッツが残念な一本だったとしても、それだけで企業のブランドイメージが総崩れになるということではありませんが、日頃から対外的にブランドイメージを高めていく取組みをしている企業であれば、自然とノベルティグッツにも気を配っているはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です