ノベルティグッツとしての名入れペンの選択をする上で決めていかなければいけないことはいろいろありますが、何と言っても、配布されるイベントの内容に合わせたノベルティグッツである必要があります。展示会などで、無料で全員に配るのか、それともアンケートに答えてくれた人に配布するかといった対象者の絞り込みもありますし、事前にノベルティグッズとしての名入れペンが何本必要になるのかといったことも準備の中に含まれます。

とにかく無料で全員に配り、ノベルティグッズを配ることによって企業名や企業の扱っている商品名を覚えてもらうことが主目的であれば、必要な本数を用意し配布すれば良いのですが、事前にわざわざ招待状を送ってその日のために会場までわざわざ足を運んでくれた方々に対して、事前の準備が足りずに、配布すべき本数に不足があったりしたら、ノベルティグッズをもらえる方ともらえない方に分かれてしまい、これは相手にとって非常に失礼なことにあたりますので、せっかくビジネスでの好印象を与える目的でノベルティグッズを用意してもほんのわずかの確認ミスや事前準備不足で大変残念な印象を相手に与えてしまいますので、そういったことが無いように注意したほうが良いでしょう。

また、配布の前に注文したノベルティグッズが届いた時に、本数はもちろんのこと、「書けるか」、「名入れの部分にしみ、かすれが無いか」を1本1本チェックしておく必要があります。展示会などの催し物や、記念行事は1回の内容がすべてですから、やり直しはききません。相手にとっては大変失礼なことがあってはなりせんし、十分事前準備をした上で、相手の方々が贈り物をもらって喜んでいただけるよう細心の注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です