ペンは道具です。道具というのはペンに限らず、従来の道具よりも便利で使いやすかったり、優れたものが出回り人が新しい道具を手に入れると、もう元の道具には戻れないです。人間の習性のような所があって、ペン以外のありとあらゆる道具がこの人間の法則に従って改良されていると言っても言い過ぎではないでしょう。道具自体は今までに無かった道具が誕生すれば大きな驚きです。

そして、一旦、ある道具が誕生したら山のように道具を作るメーカが出てきます。より改良された道具を作りだそうとするのは、ひとつは競合他社との競争があるためです。もうひとつは人がより改良された物を手に入れたがるためです。ですので、この人間の法則に当てはめると、ペンも同様により優れたペンを使いたがります。個人向けの贈り物、企業のノベルティグッツに差はありません。

名入れについてはどうでしょうか?便利という側面は無いでしょう。しかし人間は他の誰でも入手できる道具よりも限られた人しか入手できない、または世界に1本しか存在しない物が手に入るという希少価値を喜ぶ傾向があります。宣伝物としての側面から見ても、道具という側面から見ても、費用対効果が高いのがノベルティグッツです。ペン自体の改良、名入れ技術の改良も日々行われていますので、いろいろリサーチして、「より便利で希少価値のある名入れペン」を作ってみるのも良いでしょう。

基本は贈られた人に長く使ってもらうことですが、より優れたペンや名入れ方法をいろいろ調べて、より良い名入れペンを贈ることができたら、贈ったほうも達成感がでると言えるのではないでしょうか?個人向けの名入れペンでしたら、自分が誰かから贈られたりする場面をイメージしてみると、良い気分になれますよね?そして、字体や文字の色、選んだペンを眺めて、贈ってくれた人がどんな気持ちをこめて自分に贈ってくれたのかをイメージしたりする時間がまた楽しい訳です。

名入れペン、かける費用も人によってさまざま、かけた費用以上に贈る前にいろいろ検討している時間、贈った後に「もらったほうはどう思っているだろうか?」とイメージする時間もまた楽しいものだと思いませんか?