ノベルティグッズを製作するのなら、最小の予算で最大限の効果を出すことが求められてきます。一般的にボールペンは安いです。ボールペンに名入れをする場合も、注文本数によって一本あたりの価格が変動する場合もありますので、事前に確認をしましょう。

宣伝にかける予算や名入れペン作成にかかる費用を確認した上で、名入れペンの製作を依頼する流れになりますが、やみくもに作るのではなく、配布する対象、名入れに文字や会社のロゴ等をどう入れていくのか?といった計画を練っていく必要があります。

・シンプルなノベルティグッズを作る

ノベルティグッズの利点は、低予算で抜群の宣伝効果を得ることにあります。あまり複雑で凝ったノベルティグッズを製作すると、作成した側は良いノベルティグッツが出来たと思いがちですが、贈られた側からすると困惑してしまう場合も少なくありません。作成する側の思いや何を伝えたいのか?といった構想もありますが、ノベルティグッツを使用するのはどこまで言っても贈られた側なのです。贈られた側が実用価値を認め、名入れされた部分も特に違和感ない状態で使い続けてもらうためにはシンプルな名入れペンのほうが効果があります。せっかく作っても、使われないのは意味がありませんので、ノベルティグッズはシンプルながら実用的なものがいいでしょう。

・理想的なノベルティグッツ

実用的で会社の事業と関連のあるものが理想的と言えるでしょう。まずペンの形状ですが、実用性からかけ離れてしまった形状ですと、使いづらさがでてしまい、まず使ってもらえません。作る側は意を凝らして選んだペンであっても、ビジネスシーンで使うには違和感のあるデザインや、ペンの握り心地、書き味が良くないペンですと、やはり使われることはありません。宣伝したい意図があっても、その前にペン自体が実用的である必要があります。たとえば、いろいろな形のボールペンに名入れできる店があったとして、作成する企業側はなるべく平面が広く、宣伝できる内容を多く名入れできるペンとして、立法形の四角くて、太いペンを選んで名入れしたとしましょう。これですと確かに名入れされた部分は大きく目立ちますが、ペンの形状が四角なため握り心地が悪いため、使用されることは無いでしょう。