企業のノベルティグッツに限らず、個人向けでも同じことが言えますが、名入れペンが再利用可能かということもチェックしておくべきことです。再利用というのは替えインクが用意されているかどうかということです。名前の通ったメーカーのペンでしたら替えインクが用意されており、色を変えることも可能です。名入れするペンには替えインクが用意されているかどうかの事前確認を行うと良いでしょう。

昨今では、インターネットの普及から、特に説明が無くてもペンの製造メーカーや製品名などが簡単に検索できますのでもしペンを受け取った人が、ペンのインクが切れて、替えインクを補充する際にもペンのメーカー側が替えインクを用意していればまた継続使用が可能となります。

ノベルティグッツにしても個人向けにしても、継続利用できるようなペン選びをすることは大事なことです。もちろんかけられる予算にも限りがありますので、名前の通ったメーカーでなければならないということもありませんが費用対効果を考えて、それほど差が無いのであれば替えインクが用意されているペンを選択すると良いでしょう。

企業のノベルティグッツでも個人向けの贈り物でも長く使ってもらうのが一番ですので、替えインクは用意されているかといったほんの少しの気配りで済むことは事前確認しておきましょう。贈ったほうも贈られたほうも、ほんの少しの気配りから、さらにいっそう親近感や信頼感が増すことも少なくありません。また替えインクだけではなく、ラッピングや、ペンの見栄えをよくする下敷き等、費用面から考えても問題なければ取り入れるのもオススメです。

ほんの一工夫で名入れペンの見栄えが変わってきますので、いろいろな店でチェックしてみましょう。