昨今では資源の問題など多くの社会的課題があり、それに取り組んでいる企業も多いのが環境問題。いわゆるエコ関連です。社内ではISOの資格取得や、対外的にエコに取り組んでいることをアピールしている会社も多いです。

エコをイメージさせるものをペンの素材として選択することも、ノベルティグッツとして配布した時にその企業が社会的課題に取り組んでいることをアピールする良い機会になります。ではエコをイメージさせるものでペンの軸に使えるものはなんでしょうか?エコですと紙といったものを連想する方も多いのではないでしょうか?店によって選べる素材は異なってきますが、店によっては紙をペンの軸にしたボールペンに名入れを行っている店もあるようです。

これは、プラスティックなどの化学性の物を使っていないというアピールになります。一本のノベルティグッツのペンもプラスティック等の化学性の物を使っていないということからエコに取り組んでいるイメージを伝える方法です。あくまでもアイデア次第で、企業のブランドイメージを高める方法はあります。費用をかければ効果が上がるというものでは無いですし、アイデア次第では企業のブランドイメージを高めることにつながっていきますので、発想を持ってノベルティグッツの作成をすると良いでしょう。

さらに、ある一定以上の比率で再生紙を使ったり、天然素材の糊で糊付けを行い、ペン先は再生素材を利用して作られたペンはエコマーク認定を受けることも可能です。エコマーク認定ですと文字通りエコ製品ですから、こういったペンでノベルティグッツを作成すること自体がエコに取り組んでいることを伝えることが可能となり企業のブランドイメージを高める効果が期待できます。